• 大塚

お家の修理をする前に

相次ぐ地震、台風、豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


さて、弊社では修理が終わったお家がようやく出始めました。修理をしていて少し考えたことがありますので、今日はそれを書いてみたいと思います。


地震にしても台風にしても一番被害が多いのが屋根、特に瓦屋根です。では、どうして被害が多いのか。大まかに原因は三つ。工法が古い、老朽化している、物が飛んできた。とりあえず物が飛んできたは置いておいて、残りの二つについてはどちらも屋根の手入れをするべき時期を過ぎていたということだと思います。


手入れってどういうこと?と思われるかもしれませんので具体的に書きますと、屋根の葺き替えということです。え~!!お金かかるやん!!という声が聞こえてきそうなのですが、修理にもお金がかかるのです。工法が古い、老朽化は修理では直りません。ですから今年壊れた部分を修理しても来年は別のところの瓦が飛ぶ可能性が高いわけです。瓦が飛ぶたびに雨漏りの心配をして、修理費用の心配をするのか。それとも、あんな台風はもう来ないと考えますか。


修理をする前に、修理でいいのか全面的に改修するべきなのか、この機会に考えてみるのもいいかもしれません。

修理前



修理後