カテゴリー別アーカイブ: 読書日記

ふしぎなキリスト教

「読みなさい」と渡されたので読んでみました。三大宗教へ関心が集まっている昨今。ん?この認識は間違っていませんよね。きっかけは池上彰さんかな。この認識も間違ってませんよね。で、私も少し関心はあったので、渡された本をその場でパラパラとめくり、”あとがき”が目にとまり、これは面白いに違いないと読み始めたのでした。
 
ふしぎなキリスト教
著者:橋爪大三郎・大澤真幸
 
宗教について無知の私が読むと一々「そうなのか」「へ〜っ」と思わされるようなことが書かれている。確かに知識としてはそうなのに、最初の期待にそぐわないぐだぐだ感が付き纏う。結局最後の10ページが一番面白い。極めつけは”あとがき”だ。
 
あとがきから一部を引用する。
『昔むかし、あるところに、七人家族が暮らしていました。「戦後日本」と、表札が出ていました。
 家族は両親と、五人のきょうだい。「日本国憲法」「民主主義」「市場経済」「科学技術」「文化芸術」という名の、いい子たちでした。
 でもある日、五人とも、養子だったことがわかります。「キリスト教」という、よその家から貰われて来たのです。』
 
これで今までもやもやしていたものが氷解した。保守派あるいは右派が批判する「日本国憲法は押し付けられた」や「戦後教育が日本をダメにした」「悪平等主義だ」などと、革新あるいは左派が批判する「ゆきすぎた市場経済」「新自由主義」「科学万能主義」などというのは結局どちらも「キリスト教的なもの批判」なんではないだろうか。前者は戦後批判、後者はグローバリズム批判とも言えるかもしれない。
 
だとすると、歴史を振り返れば、400年前のキリシタン弾圧や幕末の攘夷論というのも先見だったのかも。現在は戦後批判とグローバリズム批判に分かれてしまって混乱中ということか。だから、90年代以降なんかではなく戦後GHQが決定的な役割を果たしたという私の考えも正しいのかもしれない。
 
さて、この本ですが、ここまで書いてから言うのもなんですが、とにかく眠くなります。(^^
対談形式の本なのですが、どうもこれがいけないのかな。中身はいい。でも読むのが辛い。今年読んだ中で一番つらかった。これから宗教の事に興味があって本を読もうとするなら、この本はお薦めしません。池上彰さんのにしましょう。読んだことはありませんが。

平家物語の女性たち

平家物語も読んでいるのですが、並行して読むようにと渡されまして、あまり気の進まないまま読み始めたのです。
 
平家物語の女性たち
著者:永井路子
 
そんなわけで仕方なく読み始めたのに、どんどん引き込まれて面白く読めました。
 
平家物語はあくまで歴史小説であって歴史ではないということかな。大河ドラマを見て「それは歴史と違う」なんて思っちゃいけません。平家物語が許されるなら、他の平家の物語があってもOKでしょう。この本を読んでる途中「平家物語って漫画やアニメやなぁ」と何度も思ってしまった。特に”巴”なんて笑ってしまうぐらい漫画的。
 
でも、昔の人はこの物語から仏教的なものを感じていたのだから、漫画、漫画と言っちゃいけないかな。

「ガンダム」の家族論

はい、またまたガンダムです。
 
「ガンダム」の家族論
著者:富野由悠季
 
海のトリトン、ザンボット3、ガンダム、イデオン、Zガンダム、ガンダムF91、ブレンパワード、∀ガンダム、リーンの翼…。数々の作品に登場する人物達に込められた家族のかたち。現在、未来の日本の家族はどうあるべきか。そもそも家族とは何なのか。
 
あれっ。ここまで書いて気がついた。帯にも同じようなことが書いてある(^^;
 
以下の二点を除いてこの家族論に賛同します。同意見です。
 
一つ目は、『家族と風土が切り離されたのにはいろいろな理由があるが、一番の原因は、テクノロジーの発達と、それによる経済のグローバル化だ。』という部分。著者は1941年生まれですけれど、団塊の世代もそうなのですが、何かというとグローバリズム批判になる。私には家制度の廃止。つまりは日本国憲法の制定が一番の原因に思える。この世代は、制度は新しくなったのに家に対する意識は古いままのため気づいてないのかな。言い換えればGHQの影響を軽く見すぎてないかということ。もっともグローバル化が戦後直ぐに始まったというなら同意見となりますが。
 
二つ目、大学生が豊かになる未来を考えているのを知って『結局、今までの日本はパラダイスだったのだ。』『次の時代が豊かになるなんていうのは、もはや完全にレトリックにすぎない。むしろ今は、「次の時代、日本は貧しくなる」と考えるべき段階にきているのだ。』と、それを否定し、日本の未来を悲観的に見ている点。3.11の後に書かれているのでそう思う気持ちが強くなったのかもしれないけれど、「未来は良くなる」と思うのは若者の特権だし、そこまで現実を直視する必要もない。若者までが著者の言うような考えを持つようになったら、その時こそ日本は衰退に向かうと思う。
 
気軽に読めるかなと考えて買ったのに、読んでいる途中で、これはじっくり読んだほうが良いのではないか。もう一度読み返そうか。そう思わせた今年唯一の本でした。でも読んでいる途中で「なんで家族論なんて読んでるんだ。」と思わなくはなかったのですがね。
 

中国が憧れた理想の国日本

タイトルを見ると、ちょっと右よりな気もするけれど、中身はいたって真ん中。日中それぞれの歴史上の人物を淡々と紹介している。日中の歴史を考えるなら押さえておくべき一冊かな。
 
中国が憧れた理想の国日本 学校では教えない本当の歴史
著者:拳骨拓史
 
本書の”はじめに”には、戦後中国で戦犯として処刑された日本人の遺書が紹介されている。みんな三十〜四十歳ぐらいなのに、日中友好や日本の将来に思いをはせているだけで恨みつらみの類は一切ない。大変しっかりした大人の文章を書いている。初めはそう感じたけれど、読み進めていくうちに、本当にこんなにすがすがしい気持ちでいられるのかという疑問もわく。理不尽な死を前にして、それに何らかの意味を持たせないとやっていられないからではないか、著者がそういった遺書だけを抽出した結果ではないのか。そんなふうに印象が変わってゆくのだけれど邪推のしすぎだろうか。
 
古代の日中関係は現代の日米関係と似ているな。どちらも一方通行のように考えられているけれど、実はちゃんと交流しているから、双方に恩恵があるのだな。あまり卑下しなくてもいいのかも。
 
吉田松陰の言葉として「(前略)外国の書を読めばとかく外国のことのみを素晴らしいと思い、自分の国を卑しんで外国をうらやむようになっていくのはすべての学者に共通する欠点であり(後略)」というのが紹介されている。
 
一面の事実ではあるけれどタイトルが悪くないかな。これでは本当に読むべき人は手に取らないと思う。古代から中世にかけてだけならこのタイトルでもまぁ良いとしても、近代史ではアレルギー反応をしめす人もいるだろうなぁ。『日中友好二千年史 学校では教えない本当の歴史』ぐらいで丁度良いような気がする。
 

公共事業が日本を救う

公共事業はそもそも国民の生活を守るもの。にもかかわらず、こういうタイトルの本を出さざるを得ないのは時代の異常さを表しているのかも。
 
公共事業が日本を救う
著者:藤井聡
 
本書の内容を簡単に羅列すると、概要・街づくり・橋・港・ダム・道路・地震・財政・結論となります。
 
読み始めてすぐ、概要の部分で全てが語られているのがわかる。それは、今の日本に欠けているのは、国力を増進させるための国家戦略、ということ。
 
その他の部分も概ね理解できる。公共事業を削り過ぎというのはそのとおり。ただし、街づくりの部分でスウェーデンの都市を引き合いに出しても日本の地方都市にしか当てはまらないのでちょっと物足りないかな。
 
あとがきを読んで吹き出した。アメリカのコンサルティング会社が発表した2010年の国際政治上の10大リスクの第五位に鳩山政権が挙がっているそうだ。気候変動やインド・パキスタンの緊張より上位にランク。管政権はどう評価されているのか気になるところ。
 
※8/16修正

本当は危ない『論語』

『論語』は劇薬なり−に惹かれて読んでみました。
 
本当は危ない『論語』
著者:加藤徹
 
四章構成で、二章までは論語や孔子に興味のある人なら知っている話がほとんど。三章の素読の際の擬音感で印象が変わるという考えや、句読点の位置で意味が変わるという考えも「そうだろうな」と思う程度。ちょっと退屈で、なかなか引き込まれないのでここまで読むのに二週間もかかってしまった(^^;
 
ただ、四章には入ると面白くなってきた。『儒教』と『儒学』の違い。大塩平八郎も吉田松陰も幕末の志士たちも西郷隆盛も『儒教』の毒の部分が現れているというのには考えさせられた。文字にそんな威力があるのかと。人を過激な行動に走らせる何かがあるのかと。
 
それが何なのかは読み取れなかった。儒教によって繋がった志縁集団といわれても、なかなか理解できない。更に踏み込んでカルト集団に近いといわれても、彼らがカルト集団とは認めたくない。でも、歴史上の出来事を見ればかなり説得力がある話で、認めざるを得ないと思わされた。
 

エコ論争の真贋

うっかり買ってしまった本です。エコ論争の本に温暖化の話題が出てくることに違和感を持ってしまったのですがおかしいかな。
 
エコ論争の真贋
著者:藤倉良
 
本書は、国内的にはゴミの減量、地球規模では温暖化と生物多様性、この三つの話題からなっている。
 
ゴミの減量について著者によれば、リサイクルが進んだ現在でも、
家庭から出るゴミの総量は減っていない。
市町村はごみ減量ではなく焼却灰を減らしたい。
最終処分場は20年ほどで焼却灰で満杯。
だから高額になってもリサイクルして焼却灰を減らしたい。
家庭ごみの容積の6割は容器包装プラスチック。
プラスチックは燃やすと灰はあまり出ない。
焼却灰を減らすという意味ではプラスチックのリサイクルはあまり効果がない。
にもかかわらず容器包装リサイクル法を作ってリサイクルさせている。
生ゴミを燃やすのにプラスチックが混ざっているほうが良く燃える。
焼却場では完全燃焼させるために石油を注いでいる。
プラスチックが混ざっていると石油の節約になる。
 
ここまで書いておいて、『では、リサイクルするのと焼却するのとではどちらがいいのでしょう。』と言う。しかしながらどちらがいいかは書いていない。
 
続けて『さて、容器包装プラスチックのリサイクルは環境に良いのでしょうか。』と同じような問題を提起し、
容器は捨てる前に洗わなければいけない。
よって下水処理が必要。
もしくは海や川へ放流され環境に悪い。
ゴミの収集回数が増え環境に悪い。
 
と、ここまで書いておいて、同じく良いのかどうかは書いていない。
 
ところが、ペットボトルのリサイクルの段になると、武田邦彦氏の考えに反駁する形でペットボトルのリサイクルは無駄とは言い切れないと言う。一体これはどういうことだろう。ペットボトルリサイクルも容器包装プラスチックリサイクルと同じ問題点を抱えていると思うのだけれど。
 
そして、レジ袋は海洋生物がクラゲと間違えて食べてしまうので、なくしたほうが良いと言う。こんな話なら科学者がする必要は無いだろう。
 
なんとも曖昧な不思議な感じ。
 
続いて地球温暖化
メカニズムとしては、二酸化炭素が地表面から放出された赤外線を吸収する。
吸収した赤外線を放出するとき、半分は宇宙へ、もう半分は地表へ返される。
これが温室効果。
 
1年間に全世界で消費される化石燃料による廃熱は、320エクサジュール。
原子力発電による廃熱は、32エクサジュール。
太陽から受ける熱量は、550万エクサジュール。
人工廃熱は太陽エネルギーの0.0064%で地球の気温にはほとんど影響を与えないのだそうだ。
 
しかし、ここまで書いておいて、二酸化炭素が吸収する熱量は何万エクサジュールなのかは書いていない。なぜ同じ尺度で話をしないのか。
 
話をまとめると、化石燃料を燃やして出る熱量では地球の気温にほとんど影響はないが、そこから排出される二酸化炭素は影響を与えるほどのエネルギーを蓄積・放出する。
 
肩をすくめるしかないなぁ。
 
最後の生物多様性
結局、生物が絶滅するとカワイソウだから問題なのではなく、人間にとってデメリットがあるからということらしい。
 
それはそれで清々しい。
 
著者は元環境庁技官だそうだ。なるほど読んでみると政府の意見に沿っているなぁ。真贋を言えるほど中立的な立場でもないし、真の方も贋の方も科学者なのだから「科学者の目でジャッジする」と言われてもね。

ウソを見破る統計学

統計学で世の中の嘘を看破る。そういう本なのかと期待して買ったのだが…。
 
ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門
著者:神永正博
 
本の全体的な造りは統計学の入門書のようで、「統計学を身につけると、ウソが見破れますよ」という感じで、ちょっとガッカリ。
 
ウソを見破る例は、ほんの少ししか出てこない。その中の一つにBMIの話がある。日本では標準値を22としているが、実は25以上30未満の人の方が長生きだそうだ。ではなぜ22を目指すのか。それはこの値周辺の人に”生涯に使う医療費が少ない”=”健康”という評価をするから。つまり、医療費抑制のための標準値であって長寿が目的ではない。あるいは、25以上30未満の人を肥満という区分にすることで儲かる層があるという事かな。と、理解することもできるが、いいのかいそれで。ついでに書いておくと、18.5未満の人は最も生涯医療費が少ない。それは短命であることが原因として考えられるそうだ。
 
レントゲン写真を見ても素人にはちんぷんかんぷんなように、統計の数字を見ても専門家レベルの知識がないと本当の意味は理解できない。これを逆手にとって、都合のいい数字を利用する輩のなんと多いこと。と、いうか、数字を勝手に理解したつもりになって騙されるこちら側も悪いんです。読めるのと理解するのとは違うんだと謙虚にならないといけませんね。
 
はっきり言って、サブタイトルと違い退屈です。余程興味がない限りお薦めはしません。
 
ただし、前回読んだ本と同じく、子供の頃学校で、英語より統計学を教えてくれればよかったのに、と思うようになりました。数字に騙されないために。あ、でも教わったからといって、身につくとは限りませんがね(^^;

騙されないための世界経済入門

今回も経済関係本。先週読んだ本と同じ頃に買って放置してました。あ、出版社も同じか。これは要注意かも。(^^;
 
騙されないための世界経済入門
著者:中原圭介
 
先週読んだ本と同じような構成。米国、EU、中国のことを分析している。構成は似ているけど見ている部分が違うので両書を合わせるとパズルのピースがそれなりに埋まるかな、という感じ。
 
『米国がもくろんでいた「金融から環境へ」の流れは頓挫』
『経済の本質では、財政再建を進めれば、景気は悪くなる』
『金融当局というのはプライドが高く、自分たちの方針や見解を修正することにかなり抵抗がある』
『ノーベル賞を利用して「環境経済」を目指した欧州』
先週読んだ本と違い、米国、EUとも中央銀行の政策は失敗していると捉えている。こういう大まかな見方は、なるほどそうかもと思わせる。
 
ただ、長期金利が下がると銀行の収益が下がる。そのためリスクが取れず中小企業への貸し出しを増やせない。結果不景気になる。という説に関してはかなり疑問。長期金利=貸出金利なんて説は初めてみた。それに担保の存在を無視している。本書の中で3回この説が出てくるのですが、こういう細かい部分でどうも信用度を落としている。
 
世界の経済が回復するのは自律回復に任せるしかない、日本に関しては、法人税減税、教育の立て直し、移民の受け入れが必要というのが著者の結論。
 
経済関係の本を何冊か読んできましたけど、子供の頃学校で、英語より経済学を教えてくれればよかったのに、と思うようになりました。エコノミストに騙されないためにね。

新しい富の作り方

何故買ったのか。
読書予定の本の小山から3カ月ぶりに手に取ってみたのですが、なんという即物的なタイトルなんだと一瞬読むのを躊躇したぐらい。でも目次を見て急に読んでみたくなりました。
 
新しい富の作り方
著者:菅下清廣
 
この本が書かれたのは昨年末。帯には2011年は・・・と大書きされている。もう半分が過ぎようとしていますので、半分は無駄になったのかなぁ。とか思っていたのですが、2038年ぐらいまでの日本と世界の情勢予想が書かれているので、今から読んでも遅くないみたいです。
 
『日本の歴史トレンドと算命学の鬼門通過現象』から将来を予測するそうです。
・・・(・・;
 
国家の時代サイクルは各10年の5つのトレンドから成る。その5つとは、動乱期、教育期、経済確立期、庶民台頭期、権力期。教育期の5〜8年目には鬼門通過現象がある。このとき、大内乱、外敵の侵入、大災害、時代を画する技術革新などがおこるそうです。現在の日本は1997年から新しいサイクルに入り、現在は教育期の鬼門通過の頃に当たっているそうです。
 
ここまで読んで、これはトンデモ本か?と思ったのですが、意外や意外、大変面白い本でした。
 
本書では鬼門通過現象として「平成の桜田門外の変」「北朝鮮の崩壊」「中東の火種の拡大」を上げていますが、もう大災害が起こってしまいましたね。これだけを見ると鬼門通過現象というのも信じてしまいますね。
 
リーマンショックの頃、「日本のデフレの経験を・・・」と発言する政府高官がいたが、アメリカが日本並みの政策実行力しかなく、日本と同じようになす術もなくデフレに苦しむと思っていたようだ。著者の表現によれば『その能力は、日本の財務省や日本銀行とまったく違います。いうなれば、普通乗用車とスーパーカーの違いです。』『FRBのバーナンキ議長は、デフレと戦うよりもインフレと戦ったほうが、勝ち目があると考えているフシがあります。』そうだろうなぁそういう見方が正しいだろうなぁ。
 
今まで読んできた経済本との共通点。「日銀を嘲笑している。」「期待インフレ率を上昇させるとデフレ経済から脱却できる。」「円高でたいへんだ、日本国債がデフォルトするかもしれない───。そんな話は、いまのところすべて世迷いごと。」などなど。
 
現在の日本経済は、デフレの臨界点、ミッドウェー海戦前夜のような状況で、これを過ぎると敗戦一直線。デフレを放置するとデフレ大不況がやってきて、二度と元の状態に戻れない。『2011年はそのような帰趨を占う重要な1年になります。』とのこと。ん…。
 
このままでは、これからの日本経済は、超円高、超株安、超デフレになる可能性が高いとのこと。
 
あ…なんと憂鬱になる事か。
 
少しだけ明るい予想。算命学の代数理論によると、95代目以降の首相は、日本にとって期待が持てる人物になるそうです。94代は管首相です。早く変えた方が良さそうだ。
 
この本は日本だけでなく世界についても予想しています。アメリカ、ロシア、中国、EU、そしてトルコ。なるほどねと思わされます。
 
最後に、本のタイトルについてですが、現在富を持っていないと無理そうです。(^^;