カテゴリー別アーカイブ: 現場日記

【ブログ更新】現況調査9

今回は、6帖ほどの大きさのプレハブ物置の天井から雨漏りがするので修理の見積もりをというご依頼です。

屋根を点検したところ、雨漏りしていた辺りの軒樋に、どこから飛んできたのか軍手が詰まっていたので恐らくこれが雨漏りの原因かと。

というわけで、これで様子を見てもらい、また雨が漏るようでしたら連絡ください。その時は修理の見積もりをしますということで現場を後にしました。

【ブログ更新】既存住宅状況調査技術者講習2

建築士会連合会から郵便物が届いた。レターパックプラスという書留みたいにハンコがいるやつだ。

なんか悪いことしたかな、とか怪訝な気持ちで中身を取り出してみると、既存住宅状況調査技術者証だった。

これは6月14日にブログで書いた講習会の成果物ですな。あの時の説明では8月上旬に結果発表ってことだったので、えらい早いやん!!ここでちょっと愚痴った効果かな。(んなわけはないが…)


※画像は一部加工しています。

左の黄色い紙が『講習修了証明書』ってことですが、上から下までフォントサイズが一緒。やっつけ仕事かよ~(で、また愚痴るんですな。)

【ブログ更新】被災建築物応急危険度判定

大阪府北部を震源とする地震により被災をされた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

大阪府より依頼を受けました大阪府建築士会から被災建築物応急危険度判定士として27、28日と茨木市へ派遣され活動してきました。無事活動できましたことを関係者の皆様、特にペアを組んで判定活動をしたイワモリ、キタ両氏にお礼申し上げます。

活動して感じたことですが、「危険(赤)」判定の建物でも余震で倒壊するような状況というものはほとんどなく、大半が瓦のずれ、破損によるものでした。よくこれで瓦による死者が出なかったものだと思ったぐらいです。こういう状況を見ると、古い建物に完璧な耐震補強を目指すのもいいとして、瓦の葺き替えだけでも防災上重要ではないかと感じました。ニュースではコンクリートブロック塀の違法、既存不適格の話題が多かったですけれど、瓦も違法、既存不適格のものが多いのですから、死者が出る前に瓦の葺き替え対策をしてはどうでしょうか。

【ブログ更新】現況調査8

今回のご依頼は、4階建てマンションの鉄骨外階段の雨漏りを止める方法がないかとの内容です。

現場を確認したところ、踏面の水勾配が取れておらず、さらに段鼻ノンスリップで雨水がたまってしまっていました。その水が、段の隙間から漏れるのが原因と判断しました。

修理方法としては、段鼻は撤去、踏面にモルタルで水勾配を取り、その上から階段用の塩ビシートを張る。各階に排水用の溝を取る。その他もろもろ。過去に何度か修理していたようで、その度に錆止め塗装をされていたので鉄部はさほど損傷していませんでした。

見積書提出をお約束し、現場を後にしました。

【ブログ更新】現況調査7

今回の見積もり依頼は、2階和室の押入にトイレとシャワー、床の間にキッチン、バルコニーへ洗濯機を置けるようにして、そこで一通りの生活ができるようにしたい、というものです。

少ないスペースにこれだけのものを詰め込みますので、どうしても譲れない部分と妥協できる部分をお聞きし、後日給排水、ガス、電気、エクステリアの業者と再訪する旨お伝えして帰ってきました。

打合せ内容を図面化し、各専門業者に状況を伝えながら見積依頼をします。

リフォームの場合、例え少しのことでも専門業者の現況調査が必要になりますので、訪問回数が増えます。依頼者の方の負担になるのですが、正確な見積もりのためには、やむを得ないところです。(後から追加費用を請求したくないのでこうしています。)

【ブログ更新】既存住宅状況調査技術者講習

昨日は既存住宅状況調査技術者講習に参加してきました。

写真が思いっきり手ぶれしてますが、スマホは片手撮影しにくいのが欠点。コンデジでさえ小さくなりすぎて片手撮影しにくいのは何とかならんかと。。。

それはさておき、既存住宅の取引にはインスペクションが義務化されるというニュースを見たとき、これはえらいことになる!と思ったのですが、講習の最初のほうで、劣化状況の把握をするだけで基準法の違反状況や耐震性の有無の判定・診断はしないということがわかって脱力。さらに、床下、小屋裏は点検口から見える範囲だけ、点検口がなければ調べられませんでしたと記載する。こんなん意味あるんかと…それと同時に自分の早とちりに呆れた。

気を取り直して講義に集中。講師の大規模催眠魔法の呪文かと思われるような音声に耐えて昼休み、気分転換に会場周辺を散策。


公園の一角に、ミニサイズの色鮮やかな鳥居とお社を発見。狸坂大明神とのこと。

午後の講義はテキストの残り240ページほどを怒涛の勢いで終わらせ、そのあと終了考査。結果発表は8月上旬って…と思いつつ会場をあとに。

久々に帰宅ラッシュ時の電車に乗り合わせたので、会社勤めの頃は毎日乗ってたけど、どう乗ってたかなぁ、どう揺れに対応してたかなとか考えながら帰ってきました。
現在軽い筋肉痛です。(^^;

※7/3追記
スパムコメントが多いためコメント欄を閉鎖します。

【ブログ更新】防犯カメラ更新

当ブログでも何度か話題にしていますが、弊社入口には防犯カメラが設置されています。
20年ほど前、祖母の徘徊を察知するために設置したのが始まりです。


パナソニック BL-C11(生産終了品)


カメラの前を横切ると、事務所内にチャイムが流れます。

月日は流れ、カメラも古くなり画像が不鮮明になってきたので
家族からは更新するよう言われていたのですが放置していました。


そんな状態なので、数年前、出入り口前に自転車を投棄されたのですが、
不鮮明で犯人の顔まではわかりませんでした。

そんなこともあり、昨年11月更新することにしました。

まず、必要な機能を整理します。
1.撮影範囲をリモコンで変更できる。・・・PTZとかいうようです。
2.LAN接続タイプ(複数のパソコンからアクセス可能なもの)
3.人感センサー等で監視できるもの
4.FTPサーバーへデータ転送できるもの
5.屋外型(防水型)
6.ランニングコストがかからないもの
7.電源タイプであること(電池式でないもの)。PoE(LANケーブルで電源供給)でもかまわない。
8.200万画素以上
9.予算は2万円台まで

VL-CM11は5と8以外は満たしているのでかなり優秀。
これの後継機種、うちでも使っていますVL-CM260は1、4、8を満たしてないので
購入当時は不満でした。ただ、ビエラで見てディーガに録画できるという点は便利です。
最新機種のVL-CD265はFTP機能は復活しましたが、ビエラ、ディーガとの連携機能はなくなったようです。


別の場所で運用しているパナソニックVL-CM260(生産終了品)

機種の選定
画素数の少なさから、国内メーカー製は論外となりました。
多ければいいというものではありませんが、ドライブレコーダーにも見劣りするようでは…

今回選んだのはこちら
KKmoon WIFI 1080P PTZ HD IPカメラ 200万画素 1 / 2.8 “ソニーCMOS 2.8~12M自動フォーカス手動・可変焦点ズームレンズ IRカット IP66耐候 ナイトビジョン 電話APP・制御モーション検知サポート 屋内屋外適用 B87W
※昨年11月にアマゾンで購入しました。
現在は販売されていませんが、他メーカーの同等品はあるようです。

 


カメラを取り換えてみました。


上の画像は縮小したものですが、よく写っています。

このカメラの長所
価格、画質は文句なし。夜間も案外きれい。
FTP、メール、SDカードと記録方法が多彩。付属ソフト常駐でPCにも録画できます。
動体検知範囲の設定が可能。
Wi-Fiでも接続できるので、スマホ・タブレットで操作可能。

このカメラの短所
上下の画角が狭いのは想定外。撮影場所からカメラを離さないといけない。
風で揺れて動体検知してしまう。可動部の遊びが問題。ドーム型の方がいいかも。
ソフトもブラウザーも英語と中国語しかない。
日本語説明書がない。

まとめ
パナソニック製のドアホンをお使いならパナソニック製のカメラをおすすめします。
価格は高めながら、録画・再生にパソコンやスマホなど別途機器を用意しなくていいのは便利。

そうでないなら、今回の機種のようにSDカードに記録、スマホで閲覧できるものが低価格でおすすめです。

新築やリフォームの際、ドアホンを取り付けるなら、カメラとの接続も想定して機種選びをするのもいいかもしれませんね。

【ブログ更新】日曜日

今朝は緊急のご依頼で、桜の枝を剪定してきました。

気持ちのいい青空で、過ごしやすい気候。
これはもう絶好の庭仕事日和。
というわけで、帰宅してからはベランダで作業。

去年、ブドウがテッポウムシにやられましたので、
その対策としてベランダ全体を目の細かい網で覆うことにしました。
網目9mmですので、カミキリムシだけでなく蛾なんかも防げるのでヨトウムシ対策にもなるかも。

今年もブドウとパッションフルーツを育てます。

犬走りでは落花生に挑戦!

別のベランダでは今年もトウモロコシを育てます。

沢山収穫できますように。

【ブログ更新】トイレ改造

ゴールデンウィークは旅に食に、あるいはのんびりした時間を満喫されたでしょうか。
人様が休んでいるときにしかできない仕事もありまして、弊社は絶賛営業中でした。

というわけで、従業員が休みの間にトイレの改造をしたいとのご依頼です。
現在の和式便所を解体、洋式化します。

モルタルで下地を補修します。

この後、タイルを張って、便器を据え付けるのですが…写真撮り忘れました(^^;