カテゴリー別アーカイブ: 犬走り日記

犬走り日記-秋

ちょっと肌寒い、秋らしい気候になりました。
庭では毎年恒例の金木犀が咲いています。


香りは毎年違うように感じます。
今年は甘い強い良い香りがします。

水を撒いていると足元に見慣れないキノコが…

鍋物の美味しい季節ですからちょっと摘んでみたりして…(^^;

犬走り日記-サボテンの花

蒸し暑くておまけに不安定な天候が続いています。
強風が吹く度、大雨が降る度、昔建てたあのお家は大丈夫だろうか、とか心配になるのです。
実際は何ともないのですがね。

それはそうと、庭の植木鉢が倒れるのをなんとかせねば….(~_~;

さて、前回写真をアップしたサボテンの花がついに開花しました!
まずは全体を…なんだこの間延びしたものは。

こちらが花ですが…見るにはルーペが必要。

まぁ何といいますか…え…感想に困る花です。
ん…好きな人にはたまらない花ですね!

さて、ユリの方もこれで最後。
大きさと数はともかく、植えたのはすべて咲きました。

犬走りの一部を花壇にして、チューリップ、クロッカス、そしてユリと無事咲き終わりました。
反省点は、中を歩けない花壇を造ったので、手入れが大変でした。
秋には改造だ!

犬走り日記-梅雨

梅雨入りということですが、建設業にとって雨は困ることの方が多いので、気分は空模様と同じでどんよりです。

さてさて、庭の花も梅雨仕様。

上の紫陽花の一週間後の姿が下の写真。
えらく濃くなってますが….

梅雨時期といえど、海外原産の花も多いので雨のイメージばかりでもない。

室内ではサボテンの花が咲きそう。

一週間たっても伸び続け

先端はかなり小さいのでルーペで拡大

どんな花が咲くのか楽しみなんですが…咲き終わっているってことはないかな(・・;

犬走り日記-初夏

初夏というにはまだ早いのかと思いつつ
あまりの暑さに春ではないしなぁとか迷います。

葉っぱも邪魔になるぐらい生い茂ってきましたので朝から剪定作業。
その合間にカメラの練習がてら花の様子を撮影。

結構寄れる

でもなんだかみずみずしさが無いというか….

オートで撮るとこんなものなのか、
おっといけない、仕事ではこんなに寄ることもなければ、みずみずしさなんて関係ないんだった(^^;

犬走り日記-春

ちょっと肌寒いですが4月となり春らしくなりましたね。

うちの庭も花の季節となりました。
昨年植えたクロッカスにチューリップ

花の写真を撮っていたら母から、「スズランが咲いてるわ」と声をかけられた。
うちにスズランとか植えてたか?と見に行ってみると、確かに咲いていた。

もうなんだか野生化しているような、というか雑草のような扱い。
植えてたなんて今の今まで全く知らなかった。

パッションフルーツも蔓にぶら下がったままだったので収穫してみました。
こうなるまで数カ月、腐らないのだから不思議なもの。
だから最初の一口はちょっとビビってました(^^


見た目はアレですが、味はなかなかいいですよ。

こちらはタライで飼っているメダカ。
無事冬を越しました。
エビの方も大丈夫でした。どちらも強いもんだ。
ただ、壺で飼っている方はダメでした。何が違うんだろう。

さて、今年は何を育てよう。

※4月8日追記
スズランと書きましたが、先日テレビを見ていると同じ花が紹介されていました。
その花の名は「スノーフレーク」。別名「スズランズイセン」というそうです。

犬走り日記-金木犀

街中を自転車で走るとどこからともなくいい香り。
最初は何の花?とあたりをきょろきょろ。
しかし姿は見えず。
注意して右の生け垣、左の生け垣、眺め続けてようやく
金木犀か、そういえば季節かと。

今年はなんだか控えめな甘い香りで、去年のスパイシーなのとえらく違うな。
夏の暑さのせいか、はたまたここのところの寒暖の差のせいか、
とか考えながら、今日も自転車で現場に向かいます。

写真は我が家の庭の金木犀。
毎日前を通るのに花に気づかず(^^;

誰だ~~花が咲く前に枝を切ったの(~_~;

犬走り日記-ガーデンバリア

このブログで何度か話題にしている、汎用猫型決戦兵器ガーデンバリア。
犬走り日記−猫との闘い(2013年1月)
効果はバツグンで糞害も随分減って助かっています。

そんな我が家の守り神もついに寿命を迎えました。
零号機がとうとう暴走センサーが壊れて制御不能に。

新しく配備された機体はアンビリカルケーブルによる電源供給のみで運用。

効果は期待できるけれど、姿がイマイチ(^^;

犬走り日記-グリーンカーテン2

グリーンカーテンとしてのパッションフルーツの有用性ついて検証するこのシリーズ。(嘘)
この夏の結果は、『役立たず!』となりました(^^;

御覧のような葉の茂り方では全然足りません。
あの暑かった八月にはもっと少なかった。
もしかして株数が少ない?
株数で何とかしようとすると、倍は必要かもしれません。
それはコスト的にも、手間の面でも…
結局のところ、他の植物と混ぜる方がいいかな。

さて肝心の実の方は…
なんと花が咲き始めたのが9月になってから。
ん…年末までに大きくなって収穫できるのか、ちょっと不安(・・;

犬走り日記-パフ食

タイトルをどうするか、悩みます。
『パッションフルーツを食べる』って長いしなぁ。
というわけで略しました。(^^

冷蔵庫で保管していると、こんなに色が変わりました。
苗を買ったお店の品種札には、ピーチ果と書いてあって、ピンク色の実の写真が紹介されていたのですが、随分色が濃いな。

表面にしわが寄って、指で押さえるとへこむぐらい柔らかくなったので、そろそろ食べごろかと切ってみました。

外側の白い部分はスポンジのよう。晩白柚、ザボンの皮に似た感じ。
中のじゅくじゅくの部分は、トマトに似てるかな。
味は酸味のある、いかにもって感じの南国フルーツ味で美味しい。
どこかで食べたような、不思議な感じ。
種は気にならない、量が少ない(^^;
もっと同時に大量にできないとなぁ。

というわけで今朝もせっせと水遣り。
ふと見ると、葉っぱの上にカエルが…

地面から1mはあるんですが…登ったのか!

犬走り日記-落果

朝からちょっとあわただしかったので、すっかり水遣りを忘れていました。
昼食の後、ふと水遣り忘れを思い出したので様子を見に行ったら…

いつもそこにあった実が無い…
落ちたな
ベランダの床にはない
そっと手すりの向こうをのぞいてみると
コンクリートの側溝に転がってました(^^;

花が咲いたのが6月20日なので43日で落果したわけです。
事前情報では60日って事だったので、かなり早い。
昨日までは緑色だったのに、今見ると黄色くなりはじめてる。


6月20日に開花


8月2日に落果

それにしても硬い!
コンクリートに落ちたのに割れなかった。
他の実は袋か何かで保護した方がいいのかも。

さて、この実を表面がしわしわになるまで放置するそうです。
そうするとおいしく食べられる、とのことです。
お預けを食らった犬の気分(^^