日別アーカイブ: 2013年8月14日

徒然日記-御幣

 御幣づくりの依頼がありました。

 何だかよくわからないので父に言ったところ、倉庫の奥から色あせた色紙で飾られた一本の棒を持って出てきました。「ようとってたもんや」とつぶやきながら大工さんと二人、分解してお手本にする様子。しばらくあぁでもないこうでもないと言いながら、木を削り、色紙を切り、出来上がりました。

御幣?

「お盆の14日に、竹の先に藁を付けて、それに火を付けて振り回しながら、とんどみたいに燃やした火の周りを回るんや。おまえらの子供の頃は子供が少なかったからそうでもなかったけど、俺らの頃は多かったからな、火の周りに人垣ができて、あつうてあつうてな。」

うえぇっ?!そんな行事があったなんて…生まれてこのかた聞いたことも無かった。

「毎年やってるはずやで、そやから町の会館の前はアスファルトにしてないんや」

なんてこった…あまりの衝撃に肝心の御幣をどう使うのか聞きそびれてしまいました(^^;