日別アーカイブ: 2013年7月18日

現場日記-試掘調査

今日は、埋蔵文化財の試掘調査に立ち合ってきました。
朝から天候があやしかったので心配でしたけど、炎天下というわけでもなく助かりました。
それでも暑いには違いありませんけどね。

事前に調べたところによると、この近辺は戦国時代、近くの川を堀として村ごと城砦化し、雑賀衆と村人が立てこもり、秀吉配下の高山右近らと戦った場所ということらしい。戦国時代好きの自分としては、書いてるだけで何だかわくわくするんですが、何も出てこないように祈りつつ見守ります。

掘り方

黄色い地層が出てくるまで掘って下さいとの指示のもと、畳二枚分ほど掘り進めます。

地層

一番上は宅地化する際の盛土層
二番目の黒い層は田畑にする時の盛土層
一番下の黄色い層は地山でこれより下に遺跡は無い
三番目のオレンジの層は上下の土が入り混じった層
だそうです。聞き覚えですけどたぶんこれであってると思います。
地山まで50cmというところですね。

土器のかけら、溝、柱跡などが出てこなければ問題ないそうです。
結果、今回は工事してもらって構いませんとのことでした。
結果を聞いて、ホッとしました。
ホッとしたついでに「掘り放題ですか?」と聞いたら
「いやぁ掘り放題というわけでは…」と言われてしまいました。

まぁなにわともあれ皆さんお疲れさまでした。