月別アーカイブ: 2013年7月

犬走り日記-小玉スイカ

収穫しました。
残念なことに採れたのは一つだけです。

初めて育てたので収穫時期が分からなくて戸惑いました。
小玉スイカ

家族は甘くて美味しいと言っていましたが、スイカが苦手な私にとっては
スイカはスイカやなって感じです(・・;
小玉スイカ2

庭に水を撒くと当然水たまりができます。
そこにトンボがやって来て水面をたたきます。
あれは水を飲んでいるのでしょうか。
トンボ

夏ですね~

犬走り日記-花木

昨日あたりから暑さが少し和らいだ気がします。
朝の水撒きの時には涼しいとさえ思うのですから。

さて、今日の花木は名称不明。
横に広がる性質があるので、枝が邪魔になり、つい切ってしまうのですが、
切ってしまうと花が咲きません。
香りが有るような…気のせいかも。
花木(不明)

またまたセミの抜け殻発見。
これだけ出てくるという事は、うちの庭生まれなのかな。
抜け殻

現場日記-試掘調査

今日は、埋蔵文化財の試掘調査に立ち合ってきました。
朝から天候があやしかったので心配でしたけど、炎天下というわけでもなく助かりました。
それでも暑いには違いありませんけどね。

事前に調べたところによると、この近辺は戦国時代、近くの川を堀として村ごと城砦化し、雑賀衆と村人が立てこもり、秀吉配下の高山右近らと戦った場所ということらしい。戦国時代好きの自分としては、書いてるだけで何だかわくわくするんですが、何も出てこないように祈りつつ見守ります。

掘り方

黄色い地層が出てくるまで掘って下さいとの指示のもと、畳二枚分ほど掘り進めます。

地層

一番上は宅地化する際の盛土層
二番目の黒い層は田畑にする時の盛土層
一番下の黄色い層は地山でこれより下に遺跡は無い
三番目のオレンジの層は上下の土が入り混じった層
だそうです。聞き覚えですけどたぶんこれであってると思います。
地山まで50cmというところですね。

土器のかけら、溝、柱跡などが出てこなければ問題ないそうです。
結果、今回は工事してもらって構いませんとのことでした。
結果を聞いて、ホッとしました。
ホッとしたついでに「掘り放題ですか?」と聞いたら
「いやぁ掘り放題というわけでは…」と言われてしまいました。

まぁなにわともあれ皆さんお疲れさまでした。

犬走り日記-セミの声

真夏の暑さが続いています。
朝の涼しいうちにと水遣りをしていると、セミの鳴き声に気付きました。
今年初めてかな?

あぁ、もうそんな季節かと思いながらふと足元を見るとセミの抜け殻が目にとまりました。

セミのぬけがら

一体何処からやって来たのか、うちのこの狭い庭?
廻りはコンクリートなのに、それにやけに低い位置で羽化したんだなぁ。
どんな奴だったんだろうか、元気にしているかな(^^

犬走り日記-ブラックベリーの実

庭に咲く花もめっきり減ってしまいました。
咲いているのは、カンナ、マダムガレン、ふうせんかずら、後は野菜の花ばかり。

でも、花の代りに実が成るものが増えてきました。
今年のブラックベリーはかなり沢山成るようで、今から楽しみです。
ブラックベリー
一つ摘まんでみたところ、夏ミカンぐらいの酸っぱさでした。
暑い時期にぴったりの味ですね。

犬走り日記-サンパラソルの花(赤)

先日の白に引き続き赤が咲きました。
こういう赤色の花は他に見たことが無いので、どういう表現がいいか迷います。
透明でないセロファン紙、薄いプラスチック、赤い油紙…どれも見たことはありませんが…(^^;
とにかく印象的な赤い花です。

サンパラソル

咲いて日が経つと、左側の花のように白い傷のような模様が出ます。
サンパラソル2

隣で咲く白い花がより白く見えます。
お互い引き立て合うかなりはっきりした色の花です。

サンパラソル紅白

写真ではいまいち伝わりませんねぇ(~_~;

犬走り日記-猫との闘い3

子供に連れ去られた初号機、回収しました。

自転車で走っている途中、近所のアパートのゴミ置き場で、背中を向けてぽつりと置かれてました。
その姿が、しょんぼり肩を落としているように見えて、思わず笑ってしまった。

機能に問題はなく、現場復帰です。
20130703182228500

さっそく見た事もない猫と…
子猫が生まれる時期なのかな。