月別アーカイブ: 2012年5月

現場日記−耐震補強(3)

壁の補強工事を始めて一週間になります。
写真のように、天井や床を壊さずに補強することができます。
そうすれば、工事期間も短く、ホコリも少なくなり、普段の生活への影響を押えながら補強できます。
 
P1080116_R2.jpg
 
来週末には工事が終わる予定です。

現場日記−耐震補強(2)

先週、天候を心配しながらも、屋根をめくって、下地の工事を終わらせました。
週末は予報通り雨でしたが、問題なく過せました。
 
P1070998_R.JPG
 
今週から新しい屋根を葺き始めました。
今回使った屋根材は、ケイミュー社のルーガという屋根材です。
見た目が元の瓦に似ていますので、工事の後も違和感は無いと思います。
軽量で、カラーベストとほぼ同じぐらいの重さです。
ただし、お値段はカラーベストの倍ほどになります。
 

葉が枯れる

ジャガイモの葉が、写真のように枯れてきました。
 
P1080004_R.JPG
 
原因をネットで調べてみたら、大体次の三つの模様
1.実が成ってきている
2.ウイルス病(アブラムシが運び屋)
3.カリ不足
 
実が成ってるってことはないと思うので、とりあえず肥料をやってカリを補充。
明日あたり薬をまいて見ましょうか。

遺産分割

こんな重いテーマ、続けていいのだろうかと、思わなくはないのですけれど、始めてしまった以上最
後まで行きましょうか。
 
問題は遺留分
寄与分より遺留分が優先するという判断はおかしくないか?
素人なりの感想ですが、相談した弁護士も同意見。
そこで、即時抗告の手続きを依頼したものの、あっさり却下。
 
大阪高裁レベルでは、寄与分より遺留分が優先としているのか、理由らしい理由もなく判例を示すで
もなく。これでは納得もできず、再度抗告をすることにしました。
 
弁護士によると最高裁まで行くのは、かなり難しいそうです。
ですが、ついでに葬儀費用の件も盛り込んで理由書とし、高裁へ提出してもらいました。
 
親と同居して、遺産を増やしでもしたら、相続の際、何もしなかった他の相続人の取り分が増える。
自身が費やしたものは取り戻せない。こんなことを知ったら、誰がすき好んで親の面倒をみるのだろ
うか。喪主が葬儀費用を負担するのが当然ということなら、誰がすき好んで葬儀を行うのだろうか。
 
これでは更に核家族化が進み、独居老人が増え、孤独死が増えるだろう。
そのコストは一体誰が払うのか。
 
こんな具合に、これは社会問題だ!というぐらい大きな問題にしないといけないらしい。
(実際こんなことを理由書に書いているわけではありません。あくまでもイメージです。(^^)
 
この話題、もうしばらく続きます。

ページ更新

あまりに更新をさぼっているのも何なので、ちょっとやってみるかと一念発起。
結果、連休も潰れてしまいました。
案外時間のかかるものです。
 
まぁ何とか形になったので、次は庭木の手入れでも…いや、読書も…
どこからか、仕事せんかい!と聞こえてきそうです。(^^;