遺産分割調停(13)

今回は銀行主催の無料法律相談に行ってきました。
 
前回と同じ資料を使って説明したところ、全く違う答え、アドバ
イスが返って来ました。
 
・土地の評価額は
     土地の事情が複雑なので、いっそのこと競売にしては?
     そうすると、裁判所の方で鑑定額を出しますよ。自分
     で買い取ることもできます。かなり安くなるのでは?
 
・寄与分について
     金銭的なものは、返済してもらうつもりで出していな
     いでしょ。ですから寄与とは言えないでしょう。お金
     を出す前に兄弟で負担割合を決めておくべきです。
 
・特別受益について
     土地の使用料は同居しているのだから相互扶助の範囲。
     よって受益にならない。
 
面白いなぁ。
弁護士によってここまで回答が違うものなのですね。
 
土地を競売にかけると言うのは考慮するでしょう。
あくまでも最後の手段として。
 
寄与分に関しては、相互扶助の範囲をどこまでと考えるかで答え
が変わるのでしょう。それは分かりますが、話の方はあまり現実
的ではないなぁ。病院へ入院する時に、兄弟の誰かが支払を拒否
したらどうするんだろ?
 
まとめとしては、今のまま調停、審判と進むに任せておくしかな
さそうです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。