遺産分割審判(4)

裁判所から封書が届いた。
こちらだけ呼び出すと言っていた分だなぁと思いながら読んでみると、書類の頭に『寄与分を定める
処分審判事件』とあった。今までは『遺産分割申立事件、寄与分を定める処分申立事件』と併記され
てたのと違います。
 
さて、当日。今回は父一人で行って来たのですが、帰りが遅い。どこをほっつき歩いてるんやろと思
っていたら、帰って来るなり「今までかかった。3時間もかかった。茶も出しやがらんと。」と不満
たらたら。どんな話をしたのかと聞くと、祖母が生まれた頃の話から始まって、亡くなるまでの経歴について聞かれたとのことだった。
 
へ〜さすがに生まれた頃の話を聞かれるとは思わんかったな。けど、たぶんちゃんと答えたんだろう
と思う。なにせ家族全員、散々昔話を聞かされてたから、祖母の半生分ぐらいは暗記してるから(^^;
 
その他、寄与分として挙げているものを一つ一つ話したそうで、結局今までで一番の長丁場となって
しまったようです。こんなに時間がかかるとは予想してなかった分だけ疲れたようです。
 
次回は未定。また何かあったら呼び出すそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。