遺産分割審判(1)

遺産分割審判の第一回
 
事前の予想では、取り調べのような少し厳しいものかと思っていましたが、調停の時と何ら変わらな
い雰囲気でした。部屋も同じ。ただ、裁判所側の担当者は全員入れ替え。裁判官と書記官の二名。そ
して、相手側も同席となります。
 
審判の内容は、と言いますと、今までのおさらいのような状態です。「この話の資料はどれでした
か。」「あの資料はどこかな。」こんな調子で一時間が過ぎました。事前にしっかり読んでないんだ
なぁ。所詮は他人事か。と思わずにはいられませんが、仕方が有りません。
 
いくつか質問の回答を宿題としてもらい、今回は終了。次回は一カ月後です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。