現場日記-現地調査

今日はリフォームの見積もり依頼をいただいたお宅に現地調査です。

ベランダからの雨漏りを長年放置していたそうです。
このままにしておくわけにもいかず、リフォーム費用がどれぐらいになるか知りたいとのこと。



写真はベランダの下、1階天井裏にあたる部分です。
ずいぶん腐っていますが、ここまでになるのに十数年。
見方を変えると雨漏りではそうそう腐らないとも言えます。

腐ったバルコニーと1階の部屋の一部を撤去。
減築する方向での見積もりをすることになりました。

現場日記-現地調査」への2件のフィードバック

  1. ダイ

    腐朽菌の発生が少なかったのが幸いしているのでしょうか?
    先日、外部からの水侵入で新築7年で1層分の柱が腐ってしまいました。
    カバーにより太陽熱が籠もり、温室のような状況で条件が揃ったのだと
    思われるのですが・・・。
    木造は水に関してはほんと要注意ですね。

    返信
    1. 大塚 投稿作成者

      古い木造住宅は、気密性が低いので乾くのだと思います。

      最近の家は、熱や湿気がこもらないように通気させるのが重要、ということですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。