現場日記−フローリング

和泉市内の保育園で床暖房の増設工事があり、弊社はフローリングの工事を受け持ちました。
 
写真は床をめくったところです。
P1080950.jpg
木と合板が接着されているので、フローリングだけをめくることができず、ご覧のように床を丸ごと
撤去することになりました。
 
P1080955.jpg
温水床暖房の器具を取り付けた後、新しいフローリングを張ります。
 
このフローリングは、栂のムクフローリングで、徳島の会社から送ってもらいました。
初めて見た栂フローリングは、想像以上にきれいでした。
 
週末に塗装をして完成の予定です。
 
冬が近づいてきて、朝晩冷えますから、うちも床暖房ほしいなぁ(^^;
 
ところで、『栂』は『つが』と読むようですけれど、私の周りでは『とが』と呼ばれています。
地域性なのか、そもそも『つが』と『とが』は違うものなのか、何らかの理由でわざと読み分けているのか…
なぜだろう…
 

現場日記−フローリング」への2件のフィードバック

  1. ダイ

    つが と とが。 私はスキー場の栂池に行った事があるので、つが ですね(^○^)
     
    同じ字を つが とも とが とも読むので、地域性だと思います。
     
    ただ、どの地域が とが と読むのか。 分布を調べたら面白いでしょうね。
     
    べい栂 は べいとが と言った方が言い易いので、何となく言い回しを気にする関西圏が
    とが なのかなあ?

    返信
  2. 大塚

    そうそう、ベイトガと言います。
    でもカナダツガはカナダトガとは言わないんですよね。
     
    パソコンで文字を書いてもトガでは変換できないのでツガと打ち替えることになりますし、
    近所に堺市南区栂というところがあって、トガと読むけれどやはり変換できません。
     
    面倒なものです(^^;

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。