住宅ができるまで−設計編(1)

住宅新築のお話を頂いたので、早速打ち合わせに伺いました。
 
挨拶をすませ、世間話をしながら土地の図面と全部事項証明書(土地登記簿謄本)のコピーを受け取り、大体の間取りとスケジュールをお聞きしました。
 
土地の図面を見ると分譲地の様なのに道路の形がイビツなのと重要事項証明書、開発関係の書類を受け取っていないということが気がかりではありますが、建設地を見に行くことに。
 
現地に着き一見して違法造成…
頼りないよう壁のひな壇、空き地に草ぼうぼう、周りは竹林、公道は4m未満、前面道路は私道で敷地と高低差1.5m。北側隣地の北側は10m程のよう壁。敷地は10mほどの丘の頂上で、よう壁に隣接していないのが救い。水道管と汚水管は敷地内に立ち上がっているけれど、メーターも汚水桝も無い。
 
お施主様には、建設可能か調べてお返事しますとお伝えして現地を後にしました。
 

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。