住宅ができるまで−設計編(3)

法律上の道路でなくても道として使われている土地はあるのですが、その所有状況、官有地なのか私有地なのかを調べる必要があります。私有地ならいつ頃から道として使われているのかも問題になります。
 
そのため法務局で公図、土地登記簿謄本などを調べます。
 
今回の建設地の場合、道は里道(官有地)、私道は他人の所有で、道として使われだしてまだ日が浅いことがわかりました。
 
ということで、住宅を建てるには、建築審査会の同意が必要となり、かなり困難な状況となってきました。
 
次回は市役所へ行くことになります。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。