住宅ができるまで−設計編(2)

地域にもよりますが、最近は便利になったもので、ネットで都市計画情報が調べられます。(現在大阪府ウェブページがリニューアル中でいろんなページが接続できませんが….)
 
また、市町村によっては道路情報も調べられます。
 
建設地を調べますと、用途地域は問題なし。
埋蔵文化財包蔵地、公道は建築基準法上の道路ではないということがわかりました。
 
この時点で、公図が必要と言うことになりますので、建設地周辺の住宅地図に地番を幾つか調べておいて、次は法務局へ行くことになります。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。