【ブログ更新】防犯カメラ更新

当ブログでも何度か話題にしていますが、弊社入口には防犯カメラが設置されています。
20年ほど前、祖母の徘徊を察知するために設置したのが始まりです。


パナソニック BL-C11(生産終了品)


カメラの前を横切ると、事務所内にチャイムが流れます。

月日は流れ、カメラも古くなり画像が不鮮明になってきたので
家族からは更新するよう言われていたのですが放置していました。


そんな状態なので、数年前、出入り口前に自転車を投棄されたのですが、
不鮮明で犯人の顔まではわかりませんでした。

そんなこともあり、昨年11月更新することにしました。

まず、必要な機能を整理します。
1.撮影範囲をリモコンで変更できる。・・・PTZとかいうようです。
2.LAN接続タイプ(複数のパソコンからアクセス可能なもの)
3.人感センサー等で監視できるもの
4.FTPサーバーへデータ転送できるもの
5.屋外型(防水型)
6.ランニングコストがかからないもの
7.電源タイプであること(電池式でないもの)。PoE(LANケーブルで電源供給)でもかまわない。
8.200万画素以上
9.予算は2万円台まで

VL-CM11は5と8以外は満たしているのでかなり優秀。
これの後継機種、うちでも使っていますVL-CM260は1、4、8を満たしてないので
購入当時は不満でした。ただ、ビエラで見てディーガに録画できるという点は便利です。
最新機種のVL-CD265はFTP機能は復活しましたが、ビエラ、ディーガとの連携機能はなくなったようです。


別の場所で運用しているパナソニックVL-CM260(生産終了品)

機種の選定
画素数の少なさから、国内メーカー製は論外となりました。
多ければいいというものではありませんが、ドライブレコーダーにも見劣りするようでは…

今回選んだのはこちら
KKmoon WIFI 1080P PTZ HD IPカメラ 200万画素 1 / 2.8 “ソニーCMOS 2.8~12M自動フォーカス手動・可変焦点ズームレンズ IRカット IP66耐候 ナイトビジョン 電話APP・制御モーション検知サポート 屋内屋外適用 B87W
※昨年11月にアマゾンで購入しました。
現在は販売されていませんが、他メーカーの同等品はあるようです。

 


カメラを取り換えてみました。


上の画像は縮小したものですが、よく写っています。

このカメラの長所
価格、画質は文句なし。夜間も案外きれい。
FTP、メール、SDカードと記録方法が多彩。付属ソフト常駐でPCにも録画できます。
動体検知範囲の設定が可能。
Wi-Fiでも接続できるので、スマホ・タブレットで操作可能。

このカメラの短所
上下の画角が狭いのは想定外。撮影場所からカメラを離さないといけない。
風で揺れて動体検知してしまう。可動部の遊びが問題。ドーム型の方がいいかも。
ソフトもブラウザーも英語と中国語しかない。
日本語説明書がない。

まとめ
パナソニック製のドアホンをお使いならパナソニック製のカメラをおすすめします。
価格は高めながら、録画・再生にパソコンやスマホなど別途機器を用意しなくていいのは便利。

そうでないなら、今回の機種のようにSDカードに記録、スマホで閲覧できるものが低価格でおすすめです。

新築やリフォームの際、ドアホンを取り付けるなら、カメラとの接続も想定して機種選びをするのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください