【ブログ更新】既存住宅状況調査技術者講習

昨日は既存住宅状況調査技術者講習に参加してきました。

写真が思いっきり手ぶれしてますが、スマホは片手撮影しにくいのが欠点。コンデジでさえ小さくなりすぎて片手撮影しにくいのは何とかならんかと。。。

それはさておき、既存住宅の取引にはインスペクションが義務化されるというニュースを見たとき、これはえらいことになる!と思ったのですが、講習の最初のほうで、劣化状況の把握をするだけで基準法の違反状況や耐震性の有無の判定・診断はしないということがわかって脱力。さらに、床下、小屋裏は点検口から見える範囲だけ、点検口がなければ調べられませんでしたと記載する。こんなん意味あるんかと…それと同時に自分の早とちりに呆れた。

気を取り直して講義に集中。講師の大規模催眠魔法の呪文かと思われるような音声に耐えて昼休み、気分転換に会場周辺を散策。


公園の一角に、ミニサイズの色鮮やかな鳥居とお社を発見。狸坂大明神とのこと。

午後の講義はテキストの残り240ページほどを怒涛の勢いで終わらせ、そのあと終了考査。結果発表は8月上旬って…と思いつつ会場をあとに。

久々に帰宅ラッシュ時の電車に乗り合わせたので、会社勤めの頃は毎日乗ってたけど、どう乗ってたかなぁ、どう揺れに対応してたかなとか考えながら帰ってきました。
現在軽い筋肉痛です。(^^;

【ブログ更新】既存住宅状況調査技術者講習」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.