【ブログ更新】タブレット修理~3

届いた包みを開けてみると、シールの台紙のようなツルテカの紙が丸めて入ってました。

一瞬、品物が入ってないぃ~~と思ってしまったのですが、そんなわけない。


紙をどけたら、ちゃんとありました。小さいな。過剰包装だな。


早速修理をするためタブレットの分解を始めました。案外簡単です。例えて言うなら自転車のパンク修理より簡単です。小さなねじを8本ほど外し、コネクターをこじて外せば目的の部品は外せます。それにしても、部品がぎっしり詰まっていて、設計も大変だろうなぁと感心してしまいます。


新しい部品と壊れた部品を並べてみました。基板の下側から3.5mmミニジャック、USB Micro-B、ボリュームボタン二つが並んでいます。壊れた方の黒いプラスチック部品を外して、新しい部品に取り付けます。青いシートを外すと両面テープになっていて、貼り付けるだけの簡単な作業で終了。


壊れた端子は、左端が溶けてました。


こちらは新しい部品の端子。これをタブレットに取付、カバーをはめ込み修理完了。


無事充電できるようになりました。使った感じは、ボリュームボタンが固いかなという程度です。タブレットは問題なく使えています。

~完~

まぁ本当は新しいタブレット買うのがおすすめです。間違いなく速くなっていますし、Androidのバージョンも上がってますから。それでも、という場合はこんな方法もありかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.