【ブログ更新】スノコの実験16

変化が分かりやすいように新材でも作りました。材はホワイトウッド40mmX27mmとポプラのLVL35mmX35mmの2種類。また、充填するのも粉末と液体の2種類です。


木に穴をあけます。片側に直径3㎜、深さ70mm


反対側に直径10㎜、深さ70mm。


穴に水で20倍に希釈したホウ酸を0.3mlと4.5ml注入します。子供の頃、昆虫採集キットに入っていた注射器が売られてないか探したのですが、見つけられなかったので、プリンターのインク充填用のものを使います。


10mmの方は前回と同じ丸棒で蓋をしたら隙間と丸棒からあふれてきました。木に浸み込むかと思って少し多めに入れたのがいけなかったのかも。


3mmの方は、注入しながら注射針を抜かないといけないのですが、上手くいかず溢れさせてしまいした。さらに、蓋に使った竹串からもあふれ出しました。植物なんだから水が通るようにできているわけで、当然の結果ですね。将来引き抜くかもしれないので5mm外に出すことにします。

この他、粉末を充填したものを作りましたが、10mmだけです。3mmには入れることができませんので。


左から、粉末充填、液体充填、素木のままです。これで様子を見ます。

さて、なにがしかの変化の違いが出るのでしょうか。

【ブログ更新】スノコの実験16」への4件のフィードバック

  1. ダイ

    昆虫採集の注射器の様に、本当に針のようにはなっていないですが、
    100均のコスメのところに、注射器は有ります。
    日が経つにつれて、地震被害の状況がちらほら。
    瓦屋根、ラスモル、タイル剥離。皆さん、補修にてんやわんやです。

    返信
    1. 大塚 投稿作成者

      そういえば、自宅が震源近くではなかったですか?
      お見舞い申し上げます。
      こちら大阪南部は被害が無いようです。

      27、28日と応急危険度判定に茨木へ行くことになりました。
      なんでこの時期?という感もないではないですが…

      返信
  2. ダイ

    今、地図で計測したら、震源から6kmです。
    震源地より北側が被害出た地域で、南側は少ないです。
    うちは被害有りませんでした。(コップ割れたくらいです)

    確かに。余震もほぼ終息?かな・・・と言う感じですのに・・ね。

    返信
    1. 大塚 投稿作成者

      さすがというべきなのか、6弱なら当然というべきなのか、
      こういう仕事してますから、地震で自宅損壊は避けたいですよね。
      何はともあれ被害がなくてよかったです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください