【ブログ更新】スノコの実験15

リクエストにお応えして、ホウ酸を充填してみました。


使うのは、薬局で購入した粉末のホウ酸です。


現在のスノコの板は、幅104mm、厚さ26mmと、どちらも1mmほど縮んでいます。
側面に直径10mm、深さ70mmの穴をあけます。
間隔は、左端から5cm、10cm、10.5cm、5cm、5cm、2.5cmで右端となります。
二つの足の片側にも穴をあけます。穴は長さ25mmの丸棒で蓋をします。
ですから、ホウ酸の部分は45mm、約4mlのホウ酸が入ります。


防腐剤を塗っていないスノコは、表面に一部亀裂が走っています。


穴の表面を見ると、防腐剤の有無に係らず、同じような状態です。ただし、表面に亀裂の走っている部分は、亀裂が穴に達している様です。


丸棒を金槌で叩き込み、蓋をしました。防腐剤を塗っている方が、なぜか緩めでした。


裏面


表面


元の場所へ置き様子を見ます。

何がどうなるのか予想がつかないので、ちゃんと変化がつかめるかが心配です。

【ブログ更新】スノコの実験15」への2件のフィードバック

  1. ダイ

    感謝いたします~。
    防腐しているものへの適用なので、どういう結果になるのか
    不明点があるのは確かなのですが、これで足の腐り進行が
    止まったら・・・と言う希望的観測です。

    お手数お掛け致します~

    返信
    1. 大塚 投稿作成者

      予想としては、効果無し、ではないかと考えています。
      何らかの方法で、木材全体に浸透させないと効かないように思うのです。
      そこで、週末にでも新材に穴を開けて、粉末ではなく水に溶いたものを注入してみるかな、と考えています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.